Unity 玉転がし#04 ゲームを完成させる

アイキャッチ チュートリアル

Unity チュートリアル 玉転がしゲーム作成の最終回です。

今回はタイトルの追加と、ステージを調整してゲームを仕上げます。

それでは、以下、解説。

1.タイトルシーンを作る

まずはタイトルシーンを追加して、ゲームタイトルの表示と Main シーンへの遷移処理を作ります。

手順は下記のとおりです。

  1. Title シーンを作る
    ・File → New Scene を選択し、名前を「Title」とします。
  2. Canvas を作る
    ・Create → UI → Canvas で作成します。
    ・Canvas Scaler の UI Scale Mode を Scale With Screen Size にします。
    ・Reference Resolution を x 1920 y 1080 にします。
    ・Screen Match Mode を Expand にします。
  3. Text を作る
    ・Create → UI → Text でテキストオブジェクトを作成します。
    ・PosX 0, PosY 0, PosZ 0, Width 1000, Height 300 にします。
    ・Font Size 200 にします。フォントの色はなんでもいいです。
    ・Alignment を中央寄せにします。
  4. Button を作る
    ・Create → UI → Button でボタンを作成します。
    ・PosX 0, PosY -360, PosZ 0、Width 400, Height 200 にします。
    ・Text に Start と入れ、Font Size 80 にします。
  5. Button に RestartButton スクリプトをアタッチする
  6. Build Settings に Title を追加する

出来上がり図はこれ。うーん、簡素。

Roll-a-Ballタイトル

あとは、Result シーンでやったのと同じように、Button をクリックしたときに

LoadMainScene が呼ばれるように設定します。

OnClick設定

2.アイテムと障害物の配置を調整する

いよいよ最後の工程です。

Main シーンを開き、自由にアイテムと障害物を配置しましょう。

テストプレイを繰り返して、ちょうどいい難易度となるように設計してみてください。

私はこんな感じで配置しました。

配置図

3.完成!

これで Roll-a-Ball 完成です!

だいたい Unity エディターの使い方は把握できたのではないでしょうか。

今は完全に理解できなかった部分や疑問点などは、今後も学習を続けていき、解消しましょう。

また、今回の Roll-a-Ball についてはここで完成としていますが、

ゲームとしてはまだまだ不足している部分があるように思いませんか?

出来たゲームを改造して学習する

ねこくん
ねこくん

アイテムを取った時のエフェクトも欲しいし、効果音もあるといいよね!

ステージクリアしたときにもっと派手な演出が欲しい!

あと、もっといっぱいステージがあると楽しそう!

そうです。演出については何も実装していません。

ステージも 1つしかありません。

これらの不足している要素を追加していくのも学習法としておすすめです。

自分で考え、調べ、実装するという工程を経ると、習熟度が飛躍的に向上します。

より大きな規模のゲームを作れるようになるため、継続して学習していきましょう。

おわり。



コメント

タイトルとURLをコピーしました