Unity

チュートリアル

Unity入門 UI のチュートリアル【UIだけでゲームを作る】

UI に特化したチュートリアルです。 UI要素の機能と用途の把握を目的として、UIだけでゲームを作ってみます。 今回作るゲームは、クリックゲームです。
入門

Unity入門 2Dアクションゲームを作るときに役立つ30のヒント

Unityで2Dアクションゲームを作るときに役立つかもしれないヒント集です。 とりあえずサンプルで、こんな2Dアクションゲーム(ランゲーム)作ってみました。
使い方

Unity UIデザイン Anchorでオフセットを固定する

UIが持っている Rect Transform コンポーネントには Anchor というレイアウトの機能があります。 親子関係にあるUI要素は、Anchor を使うことで親オブジェクトのサイズがあっても、 子オブジェクトの位置を固定させることができます。
使い方

Unity UIデザイン Pivotで中心位置を変える

Text や Button などの UI は Rect Transform コンポーネントを持っています。 今回は、Rect Transform の Pivot というプロパティについて解説します。 これを覚えておくと、UI をレイアウトするときに、たまに役に立ちます。
使い方

Unity入門 Canvasの使い方

Unity で UI を作成する場合、 Canvas というゲームオブジェクトを使うことになります。 この記事では、Canvas そのものの使い方を見ていきます。
チュートリアル

Unity 玉転がし#04 ゲームを完成させる

Unity チュートリアル 玉転がしゲーム作成の最終回です。 今回はタイトルの追加と、ステージを調整してゲームを仕上げます。
チュートリアル

Unity 玉転がし#03 ベストタイムのセーブとロード

Unity チュートリアル 玉転がしゲーム作成の第3回目です。 今回はプレイタイムとベストタイムの表示を実装します。 あわせてベストタイムのセーブとロードも実装していきます。 この工程を通して、テキストオブジェクトの更新方法とセーブ/ロードの実装方法を覚えましょう。
チュートリアル

Unity 玉転がし#02 アイテムと障害物を作る

Unity チュートリアル 玉転がしゲーム作成の第2回目です。 今回はゲームクリアのためのアイテムと、ゲーム性を出すための障害物を作成します。 この工程を通して、オブジェクト同士が衝突した時の処理を追加する方法を覚えましょう。
チュートリアル

Unity 玉転がし#01 ステージとプレイヤーを作る

Unity チュートリアル 玉転がしゲーム作成の第1回目です。 今回はプレイエリアとなるステージと、ユーザーが操作するプレイヤーオブジェクトを作成します。 この工程を通して、ゲームオブジェクトの作り方、スクリプトをアタッチする方法を覚えましょう。
チュートリアル

Unity入門 シンプルな3Dゲームを作る

Unity チュートリアルということで、シンプルな3Dゲームを作ってみましょう。 題材は、公式チュートリアルでも扱っている Roll-a-Ball (玉転がし)にします。
タイトルとURLをコピーしました